紫外線による影響で大人ニキビが出来やすい理由は?の情報ページ

紫外線による影響で大人ニキビが出来やすい理由は?

紫外線による影響で大人ニキビが出来やすい理由は?

紫外線はお肌に悪い影響を与えるというのは既に知らない人はいないというぐらい有名な話ですが、主にシミができる、乾燥を引き起こしてシワを増やすというようなイメージしかないかもしれません。

 

ですが、実は大人ニキビが出来やすくなるという影響もあるのです。

 

紫外線には、UV-AとUV-B、そしてUV-Cの3種類がありそれぞれに違う長さを持った波長になります。

 

この3つの中で問題なのは一番長い波長を持つUV-Aと次に長い波長を持つUV-Bです。

 

UV-Aはガラスや薄い衣服などを透過して肌の真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチンなどを破壊してしまうため、肌の弾力が失われてたるみやシワが出来やすくなります。

 

また肌の弾力がなくなってしまうと、肌の本来の機能である排泄がスムーズに行われなくなり、毛穴に老廃物が詰まりやすくなるため、これがニキビの原因になることもあります。ですので大人ニキビを予防するということでも、肌の弾力などをなくさない紫外線対策をしていくことが大切になってきます。

 

UV-Bは真皮層までは届かないものの、表皮に熱を与えてしまうため、これに反応して活性酸素が増加してしまいます。

 

また、肌の常在菌であるアクネ菌はポルフィリンという物質を生成しますが、これに紫外線があたることでも活性酸素が発生してしまいます。

 

活性酸素はコラーゲンやエラスチンとも結合する性質を持っているのですが、活性酸素と結合すると性質が変化してハリや弾力が失われてしまい、排泄機能を低下させます。

▲紫外線による影響で大人ニキビが出来やすい理由は? 上へ戻る

紫外線による影響で大人ニキビが出来やすい理由は? page top