出産後に抜け毛が多くなるのはホルモンのバランスが変わるから?の情報ページ

出産後に抜け毛が多くなるのはホルモンのバランスが変わるから?

出産後に抜け毛が多くなるのはホルモンのバランスが変わるから?

女性にとって、人生の中でも大きなイベントとなるのが出産です。 しかし、それだけに妊娠、出産と言うのは女性の身体には大きな変化をもたらしてしまいます。

 

様々な変化があるのですが、出産後に抜け毛が多くなってしまう人も多いので、ここでは出産後の抜け毛について書いていきましょう。

 

出産後の抜け毛としては、一般的に出産を終えて3ヶ月ほどしてから気になり出す方が多いようですね。

 

出産後に抜け毛が起こってしまう最大の原因は女性ホルモンです。女性ホルモンとは大きく分けると黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンと卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンの2種類があります。

 

妊娠をしていない時には、この2種類の女性ホルモンは2週間の周期で互いに優位な働きをするようになっています。しかし、妊娠をしてしまうことで黄体ホルモンであるプロゲステロンが優位となる状態が続いてしまうのです。

 

出産を終えると、少しずつ元の状態に戻っていくのですが、この時エストロゲンの分泌が増加してしまいます。このホルモンの分泌は急激に起こってしまいますので、身体が変化に対応できなくてホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

このホルモンバランスの崩れが、抜け毛の大きな原因となっています。ですので頭皮ケアしていくことが普段のケアでは大切ですが、その際は刺激が少ないアルガンオイルが育毛効果などあるので、アルガンオイルが配合されているシャンプーを使用するとよいでしょう。

 

そもそもエストロゲンには毛髪を発達させるといった働きも持っており、本来なら妊娠中に抜けるはずだった毛髪が一気に抜けてしまうことも出産後の抜け毛の原因とされています。

▲出産後に抜け毛が多くなるのはホルモンのバランスが変わるから? 上へ戻る

出産後に抜け毛が多くなるのはホルモンのバランスが変わるから? page top